バリアフリーのテクノロジー、段差解消機の活躍

楽しく話す介護士と高齢者

階段に設置

介護士や医者と話す高齢者

手すりと平行に

階段の壁に、手すりと平行なレールを設置し、そのレールに設置された段差解消機が移動するというタイプのものがあります。
イメージ的には、階段の上をカゴがスーッと上がっていくというようなもの。手すりと平行に段差解消機が移動するので、自然になめらかな動きで階段を登り降りすることが出来るのです。

また、普通に階段を登り降りする人が利用する際には、カゴをたたみこんで壁際にまとめることが出来ます。
必要なときだけその姿を現し、スムーズに車イスを移動させ、必要のないときは壁際でじっとしている。寡黙で仕事が出来るという、優れた段差解消機なのです。

また、最近では直線的な階段を移動するだけでなく、螺旋階段とまでは言わなくても、湾曲して上に続いている階段に合わせて動く段差解消機も存在してます。

緊急時の解消機

バリアフリーのテクノロジーにとって、緊急時というのはまさにその真価を発揮する時だと言えるでしょう。
普段なら、多少は時間がかかったり、手間がかかったりしても、首尾よく目的を遂げることが出来れば優秀だと言われます。
しかし、緊急時、例えば避難しなければならないような場面では、スピーディに、しかも完全にきちんと動くということが必要なのです。
まして、移動にはすこしばかり時間がかかってしまいがちな車イスの移動を助ける機械であるわけですから、段差解消機に課せられている役目はきわめて大きなものなのです。

そして、段差解消機は見事その役割を果たします。最近では、たとえ電気使用が不可能になって、電気機器が停まるような状態になったとしてもスイスイ動く、充電式の段差解消機が多く出ているのです。
大切な「災害への備え」も、バッチリこなしているのです。