バリアフリーのテクノロジー、段差解消機の活躍

楽しく話す介護士と高齢者

ピット工事

診察を受ける高齢者

穴を掘る工事

段差解消機を設置するためには、穴掘りが必要です。そもそも段差解消機自体に車イスを載せなければ話にならないからです。
この機械は、垂直に伸び縮みする構造で車イスを押し上げるという役割を担っています。縮んだところから伸びて、車イスを上に移動させるわけです。
そして最初に縮んだ状態にあるとき、段差解消機は「ペッタンコ」ではないのです。
それ自体がちょっとした高さを持っていて、だから、まずは車イスを載せるために、機械のてっぺんと地面の高さが同じになるように、穴掘りの工事が必要なのです。

ただ、最近では必ずしもピット(Pit、穴)を掘る工事が必要であるとは限らないという状況です。地面に設置するだけでOKというタイプのものも存在しているのです。
最新の技術を利用して、ペッタンコに近い状態から車イスを載せ、押し上げて段差を解消するという製品も出ているのです。ちょっとしたスロープを付けるだけで、「よいしょ」と一瞬がんばれば解消機の上にのることが出来るようになっています。

エレベータータイプ

段差解消機には、エレベータータイプのものもあります。
構造的には、ワイヤーで登り降りの移動をさせているエレベーターとは異なるのですが、ドアがあって、そこから入ってドアを閉め、ボタンを操作して上に登るって段差や階段を解消するというタイプの段差解消機があるのです。

このタイプの段差解消機は、特に公共施設などに多く設置されていて、重厚感がその特徴です。
2人分の重さにも耐えることが出来るという頑丈なつくりも、注目に値するものといえるでしょう。