バリアフリーのテクノロジー、段差解消機の活躍

手を合わせる高齢者と介護士

車イスを、便利に

男性高齢者と話す女性介護士

人の足というものが、素朴に見えても高い機能を持っている器官なのだということを理解することが出来るのは、おそらく、その足が使えなくなってしまったとき。
今では軽量化された車イスがあって、いろいろな場所を移動することが出来るようになりましたが、それでも、やはりオリジナルの足に比べると不便なこともいくつかあるのです。
例えば、「段差」というのはまさにその代表格と言えるでしょう。
足があればスイスイと登ることが出来るその段差も、車イスの車輪では登ることが出来ませんし、下りることも出来ません。無理にそうしようとすると危険です。

車イスごと抱え上げてもらうということも出来ますが、やはり持ち上げる人も大変だし、持ち上げるパワーを持った人が常にそばにいるとも限りません。
というわけで、こと段差に関しては、特別な技術が必要なのです。

そこで登場したのが、段差解消機という「そのまんま」なネーミングではありますが高い機能を持った機械。
スロープ設置に変わる新しいバリアフリーのテクノロジーとして、段差解消機は注目されています。

段差を解消するのに、それまで用いられてきたスロープとは、つまり坂道のことで、地面と段差をつなげるゆるやかな坂をつくる工事が必要でした。
設置自体はそれほど難しくはないのですが、ここで問題となるのはやはりスペース的な問題。地面から段差の上に上がるまでの坂には、それなりの長さが必要だったのです。
垂直運動ではなく、前進運動で坂を登るというのがスロープだからです。前進するための距離がそこには必要で、たとえばそれほどスペース的に余裕のない場所であれば、スロープは設置できないということもあったのでした。
段差解消機は、そのジレンマを解消することに成功した、バリアフリーのテクノロジーです。垂直運動で車イスを下から持ち上げ、段差と同じ高さにする小型の昇降機のフォルムを取り、車イスでの移動をまたひとつ、便利なものにしてくれたのです。

油圧式とネジ式

車いすの高齢者と車いすを押す介護士

段差解消機は、その仕組みによってタイプ分けをすることが出来ます。代表的なのは、油圧式とネジ式。一般家庭や公共施設など、多くの場所に設置され、活躍しているものです。

» 詳細を確認する

ショールーム

高齢者と話す医者

段差解消機の、見学をすることが出来ます。写真で機械を見るだけではなかなか分からない、「実装したらどうなるのか」ということも、ショールームなら明らかに見て取ることが出来るのです。

» 詳細を確認する

ピット工事

診察を受ける高齢者

段差解消機を設置するために欠かせないのが「ピット工事」というものですが、最近ではこれを必要としないタイプの物も広く使われるようになっています。手軽に取り付けられるタイプの物です。

» 詳細を確認する

階段に設置

介護士や医者と話す高齢者

段差がひとつで終わらずに連続して続く階段では、階段専用の段差解消機が設置されることになります。車イスが通らないときには歩行者を邪魔しないというスグレモノが、存在しています。

» 詳細を確認する